FC2ブログ

これ欲しい!

商品や趣味に関するものを紹介。ゴルフ、グルメ、ヘルシー、フィットネス など。

テレビ会議

昔の漫画のなかで、テレビ会議というシーンが未来の象徴として描かれていることがある。
壁やモニターに相手の顔が映り、そこに話しかけるシーンだ。

そんな夢のようなシーンが、今や普通に現実の世界として実現してしまった。
私の会社でもイントラ回線を使ったテレビ会議を始めた。
当初、電話やメールでいいじゃないか、という声が上層部を中心にあったらしい。
しかし、一度使ってみると、その効果がわかったのか、全社上げて標準化していこうという動きが出てきた。

なぜ、テレビ会議なのか。

それは、相手の表情が読み取れるからである。
無味乾燥なメールの文字では、ややもすると誤解や反感を買う場合がある。
電話も相手の顔が見えないだけに、つい感情が高まってきつい言葉も出てきてしまうことがある。
しかし、人間は相手の顔、特に表情の動きに非常に敏感だ。
ミラーシナプス、というらしいが、相手の表情が明るければ、活発なコミュニケーションが期待できる。
相手が困惑していたり、不機嫌になったりしたら、それを表情から即座に読み取り、二の手、三の手を繰り出して対応することもできる。

もちろん、生身の人間同士が直接会議室で話すのが一番いいのはわかっている。
しかし、移動の旅費や時間を考えたとき、その効率性は非常に落ちるのだ。
まして、海外拠点との会議などはネットがあってこそできる世界だ。

そんな、ダイレクトなコミュニケーションをもたらしてくれるテレビ会議は、これからの企業にとって意思疎通、意思決定の大事なツールとなるのは間違いないだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nutoku.blog98.fc2.com/tb.php/25-f5703746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)