FC2ブログ

これ欲しい!

商品や趣味に関するものを紹介。ゴルフ、グルメ、ヘルシー、フィットネス など。

インプラント

スポーツ選手歯がガタガタになるという。
それは、パワーを最大限に出したい時に、人間は歯を食いしばるからだ。
トップアスリートほど、MAXのパワーを出したときの踏ん張りはものすごいのだ。

私の知っているプロゴルファーは、40代になるがすでに奥歯がガタガタになっていた。
常にドライバーは320ヤードを越え、200ヤードなら7番で打ててしまうほどのパワーヒッターだ。
しかし、長年にわたって毎日のように練習し、ラウンドするうちに彼の歯は数トンもの力で噛みしめられ、そのダメージは歯茎や歯根にまで及んでいったのである。
いつしか、彼はスランプを迎えた。
奥歯を踏ん張ると痛みが走り、フルスイングをすることがためらわれるような状況になっていたのだ。

そこで、彼は歯科医と相談し、インプラントという選択肢を選んだ。
少し時間はかかったのだが、治療が終わったとき、彼の飛距離は見事に元に戻っていた。
なによりも、表面的な治療ではなく、歯根そのものを作ってしまうというインプラントの信頼感は、プレーに安心感を与えてくれたという。

もちろん、アスリートとして忘れてはならないのが日々の栄養摂取だ。
当然、歯が健康でなければ、肉や野菜をバリバリと平らげることはできない。
おそらく、彼のスランプの影にはそんな食生活の変化もあったのだろう。
いつしか、軟らかいものしか食べられなくなっていた、と振り返る。
治療後にホルモン焼きをたらふく噛みしめた時の事を忘れられないという。
大好物のホルモンをたくさん食べることで、実は彼の体は維持されてきていたのだ。
ダブルの効果で、一人のプロゴルファーが生き返ったのだ。

彼は、周りの選手にもインプラントを勧めている。

私も前歯が虫歯でかなりやられているので、今年はチャレンジしてみるつもりだ。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nutoku.blog98.fc2.com/tb.php/22-72a01ed2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)