これ欲しい!

商品や趣味に関するものを紹介。ゴルフ、グルメ、ヘルシー、フィットネス など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木造建築

家を建てるときには、まず構造をどうするかということが大変重要になってくる。木造建築を選んだ場合だけでも、在来工法(軸組み工法)、木質パネル工法、ツーバイフォー工法、それらのハイブリッドなど、いろいろなパターンがある。
設計の自由度ということから行けば、在来工法がおそらく最も優れているだろうし、自身に対する耐震性ということでいうと、木質パネル工法やツーバイフォーといった、面で支えるような構造が強かったりするのだ。
面で支えるこれらの構造の場合には、どうしてもボックスをならべていくような構造になってしまうことから、耐震性は高く取れるものの、大きな空間などは作ることが難しくなって来るという特徴がある。
また、最近の住宅においては標準仕様ともなりつつある、高気密・高断熱ということにおいても、パネル系の工法は非常に気密度が出しやすいのである。
木造建築とひとことでいっても、これだけのバリエーションがあるので、特徴をよくつかんだ上で選ぶといいと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nutoku.blog98.fc2.com/tb.php/1909-6e4a75a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。