FC2ブログ

これ欲しい!

商品や趣味に関するものを紹介。ゴルフ、グルメ、ヘルシー、フィットネス など。

INORAN

LUNA SEAというバンドがいた。
ルックス重視のいわゆるビジュアル系アーチストというイメージだったが、彼らの楽曲は決してそんなイメージにとどまらない、本格的なものだった。

ソロでも活躍した河村隆一のボーカルは、ハイキーなトーンで激しさと切なさを表現していた。

そしてバンドとしてのサウンド作りも、かなりこだわっていた。
ギターはときに激しく、時にきらびやかに、またあるときは美しく鳴っていた。

特に、当時からコアなファンの間で静かな評判になっていたのが、サイドギターをとるINORANのサウンドだった。
アルペジオの職人の異名をとる彼が奏でるギターサウンドは、他の誰にも出せない透明感にあふれていたのだ。
それが、あるときはサウンドのスパイスに、そしてあるときは曲の重要なポイントになったりしていた。

LUNA SEAの数多くのヒット曲の中でも、「MOTHER」「gravity」という曲は、INORANによるものだったが、そのメロディーラインの美しさはソングライターとしての才能と大きな可能性を感じさせていた。

そんなINORANが、LUNA SEAの「終幕」から7年の月日を越えてベストアルバムを発表する。
INORANのギターサウンドが、7年の歳月を経てどのような熟成を遂げたのか、ぜひ聴いてみて欲しい。

すでに、一部の音楽ファンの間ではLUNA SEA(ルナシー)のギタリストINORANのベストアルバムということで話題になっているが、彼のアーチストとしてのエッセンスが詰まったアルバムとして、おおいに期待したい。

ルナシー(LUNA SEA)特集
LUNA SEA(ルナシー)のギタリストINORANのベストアルバム


スポンサーサイト



テーマ:ギター - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nutoku.blog98.fc2.com/tb.php/17-6fb97a61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)