FC2ブログ

これ欲しい!

商品や趣味に関するものを紹介。ゴルフ、グルメ、ヘルシー、フィットネス など。

マンション探し

今マンション探しをするということになった場合には、まず物件の情報を集める事から始めたくなるのだと思うのだが、ちょっと待って欲しい。マンションでも一戸建てでも、不動産を買うということになると、かなりの大きな額の資金が必要になって来る事を忘れていてはいけない。
おそらく、自分の住む家とは言え、最低でも2000万円、もしかすると5000万円くらいのマンション購入資金が必要になってくるかもしれないのだ。
もちろん、港区や品川区などのウォーターフロント地区の超高層マンションなどとなると、もう少し予算が必要で、下手をすると1億円なんていうことにもなるかも知れない。
いずれにしても、キャッシュで持っていて、すぐに払えるというような人はほとんどいないのではないだろうか。
それだけに、その資金を借りる手段を確保しなくてはならない。
銀行ローンである。
いろいろな銀行や信用金庫があるが、どこも条件は違っているので、いろいろとまわって情報を集めるべきだ。その上で、具体的なマンション探しにはいりたい。
スポンサーサイト



マンション探し

サラリーマンなら誰もが持つ夢である、マイホーム。
あなたもいつか、自分の家を持つことができたならどんな夢をかなえたいだろうか。
もちろん、土地付きの一戸建てというのも悪くはないと思うのだが、やはり立地条件や設備面を考えると分譲マンションという選択肢が現実的にはいいのではないだろうか。
一番の条件は、駅から歩けること。
そして、家の中では設備が充実していることだ。
はずせない条件の第一は、床暖房だろう。
マンションの場合は高断熱とはいえ、やはり床暖房の快適さは一度味わってしまうと忘れられない。
暖かさのやわらかさというか、やはり温水式でなくてはいけない。
こだわりの第二には、ガスコンロがついていること。
世の中の分譲マンションでは、IHヒーターが流行っているようだが、私は絶対にそんなところは買わない。
なぜなら、電磁波の恐怖と共生するつもりなどさらさらないからだ。
脳腫瘍の危険性が、特に子供に指摘されている電磁波からは、なるべく遠くにいたいのだ。

マンション探しの際には、そんな事をかんがえておきたいものだ。

マンション探し

マンションなどの不動産を選ぶということは、まさに人生を選ぶということに通じるものがあると思っている。
普通の人にとっては、まず不動産を手に入れるという事は、自分が住むための家を得るという事に他ならないと思うわけで、その住む場所を選ぶという事は、人生の中でもかなりの大きな選択になってくると思うのである。
なぜなら、そこには、自分と家族が住むわけだし、人生のうちの何分の一かを確実にそこで暮らすことになるわけだから。
そんな人生をかけた不動産、つまりマンションなどを選ぶには大きなエネルギーを必要とするのだ。
私が一番ポイントとしているというか、重要視しているのは、まずは立地条件だ。
太陽をしっかりと浴びられる、南向きのところがいい。
そして、できれば高台で、丘の上から景色をみおろせるようなところがいい。
景色を見ているだけで幸せになれるような物件に出会えれば、そんないいことはない。
マンション探しはそんなこだわりもあっていいと思っている。

マンション探しと任意売却

マンション探しをしている人たちにとって、情報収集と言うのはまず第一に大切なことだと思うのだが、普通の人たちはおそらくインターネットを通じて情報を手に入れるということが多いのではないだろうか。
しかし、それでは誰もが手に入れられる情報だけしか知ることができないという点で、あまり面白みのない情報ということもいえるのだ。
たとえば、あまり知られていないかもしれないが、任意売却という言葉をご存知だろうか。
これは、不動産を売却しても、住宅ローンが残ってしまうという困った状況で、債務者と債権者のあいだを、主に不動産業者が仲介して
不動産を競売にかけずに、それぞれが納得のできる価格で取引を成立させることを意味している。
とかく競売になってしまうと、どうしても安く処分せざるを得ない状況となるため、効率的に不動産を売却するためにはいいシステムなのである。
任意売却物件はわりとリーズナブルに出てくることが多いので、条件が合えばかなりお買い得になる。

マンション探し

マンションというのは、人生の中でも少々余裕が出てきたときなどにはどうしても住んで見たくなったり、もしくは買って見たりしたくなるものではないだろうか。そんなマンションなどの不動産を買おうと思って、物件情報を手に入れるためには、まずは不動産屋さんに連絡をして、図面を送ってもらうというところから始めるのが多くのストーリーであろう。インターネット上の検索であっても、そこで得られる情報というのはゴクゴク一部のものであり、また非常に見栄えのいい部分の情報しか載っていないということも多かったりするのである。それだけに、まずはより深い情報を得るために、不動産屋さんに図面を送ってもらうというところから始めたいのだ。最近はファックスでもいいし、多くの場合にはメールで添付ファイルとして送ってくれるところも多くなってきているから、かなりリアルタイムでの対応が可能になってきているといえる。こうした文明の利器を活用して、マンション探しのいい情報を手に入れたい。

物件情報

不動産を買いたいという場合には、まず物件情報の入手から始めなくてはならない。そして、そこでいかに効率的に、またたくさんの良質な情報を集めることができるか、ということが、不動産を買う上での大きな勝負の分かれ目になってしまうのである。
シロウトとプロの違いは、そこにどれだけいい情報入手のルートを持っているかというところに尽きるのではないかと思っているのである。
私の場合には、まず最初にインターネットの不動産検索サイトを活用して、とにかく自分の考えられるだけの条件を入れ込んで検索をするのだ。
その結果、自分の条件ににマッチした情報について、まずはサイト場で詳細に検討を重ね、それでいいと思ったら、はじめて不動産業者に連絡をして図面を取り寄せて見るわけである。
もちろん、あまり条件を厳しくすると検索結果が少なくなってしまいがちであるため、少し余裕を持った検索をかけていくという事も、多くの情報を得る上では大切になって来る。

不動産

不動産というのは、値段があってないようなものでもあるため、たとえば家電製品や自動車なんかを買うときとはちょっと事情が違っているのだ。
もちろん、世の中にひとつしかない不動産の物件を買おうとしているわけなので、そこには他の人との競合ということも起きてくるし、また人気のないような物件であれば、指し値といってこちら側から大幅な値引きの金額を提示して行くという積極的な買い方もありうるのである。
それだけに、物件情報というのはできるだけ詳細に手に入れておきたいものだ。
相手の売りたいと思っている人の情報が、かなり重要になって来る場合が多いのである。
たとえば、相手の人がローンの支払いに困っていて、できるだけ早く物件を売って現金化しなくてはいけないというような事情があるときには、買うほうにとってはかなりのチャンスといっていいかも知れない。
人の足元を見るようで、気の弱い人はやめた方がいいが、思いきった指値をして見るというのもいいかもしれない。

物件情報

不動産というのはいろいろな種類があって、自分が住むために買うマイホーム用のものもあれば、転売を目的にして、安く買って高く売る事を目的にしている不動産もある。また、最近はやりのサラリーマン大家さんという人たちは、物件を買ってそれを人に貸しだすことで家賃収入を得るというスキームを活用して、不労収入を得る仕組みを構築して来ているのである。
そういう、サラリーマン大家さんたちにとっては、いかに条件がよくて、金額が割安で、利回りがいい物件を探してこられるかというところが勝負になって来る。
不動産というだけあって、始めの物件の入手方法をあやまってしまうと、大変な損失をこうむってしまいかねないからである。
それだけに、いい物件情報を手煮れるために、いろいろな手立てを講じているわけなのである。
インターネットでの検索が最も手っ取り早いのであるが、実はインターネットに出てくるような情報は、もう古くなっているものがほとんどである。気を付けたい。

衛生管理者

私も会社に入って総務系の仕事が長くなってきたということもあって、今から5年ほど前に衛生管理者の代一種の試験を受けたという経験がある。
学校を卒業してから、かなり勉強というモノからはなれている時間が長かったこともあって、なかなか参考書に取り掛かるまでに時間がかかってしまった事を思い出す。
しかし、最近の参考書はよくできていて、要点を二つにわけて解説してくれていたり、もしくは何度も重要なところについては繰り返し勉強できるような仕組みになっていたりと、非常に勉強がやりやすくなっているので助かったという面もある。
それにしても、おおよその概念をつかみ、その仕組みを理解してから後は、ひたすら暗示をする部分と、事例を研究していくという部分がほとんどを占めていくのであった。
わりとややこしい部分もあるので、そういうところについては、過去の問題集を参考にして、徹底的に問題数をこなしていくといいと思う。
かなりの部分、重複して出題されているからだ。

物件情報確認

不動産を買おうと思って、物件情報を手に入れるためには、まずは不動産屋さんに連絡をして、図面を送ってもらうというところから始めるのが多くのストーリーであろう。
インターネット上の検索であっても、そこで得られる情報というのはゴクゴク一部のものであり、また非常に見栄えのいい部分の情報しか載っていないということも多かったりするのである。
それだけに、まずは寄り深い情報を得るために、不動産屋さんに図面を送ってもらうというところから始めたいのだ。
最近はファックスでもいいし、多くの場合にはメールで添付ファイルとして送ってくれるところも多くなってきているから、かなりリアルタイムでの対応が可能になってきているといえる。
その図面を手にいらたら、絶対に屋って欲しいのが現地調査というモノである。
中に入るためには不動産屋さんの立会いが必要になってくるが、外からだけでも得られる情報はたくさんある。
まずは外観の調査を行い、そのあとで内見をお願いするというのがいいだろう。

物件情報は不動産屋で

家を買ったり、不動産投資用の物件を手に入れたいと考えたりしたときに、どこからどんなルートで物件情報を手に入れたらいいのだろうかと悩んでしまう初心者の人も少なくないのではないかと思う。
かくいう私も、最初はいろいろな本をよんでみたり、物件情報誌をたくさん集めて見たりということをしていたのだが、効率的という観点からいうと、やはり今の時代はインターネットでの検索ということになるのかも知れない
しかし、インターネットというのは逆の見方をするならば、全国の人がいつでもどこからでも見ることができる情報ということもいえるわけであり、公開情報ということになっているわけである。
実は、いろいろと探して見てわかったのは、本当にいい物件情報をいうのは、インターネットに流れる前に売れてしまっていることが多いということである。
地元の不動産屋さんが持っている情報が、実はお宝の山だったりという事も多く、そこで売れ残ったものがインターネット上に出てくるのである。

物件情報と現地

不動産を買いたいと思ったときには、どこから物件情報を得て行くのがいいだろうか。
まずは、今の世の中であればインターネットによる検索というのが一番手っ取り早くて、非常に多くの条件を入力しながら探していけるので、効率的でもある。
その中から、自分の気に行った物件、もしくは気になる物件について、実際に見に行くという事をするのがいいと思う。
図面はもちろん大切であるが、紙の情報で得られる物件情報は半分くらいと思っていた方がいいのではないだろうか。
百聞は一見にしかずとはよくいったもので、とてもよさそうに思える物件があったとしても、いざ現地で外観を見て見ると、草がはえ放題になっていたり、写真の外観とはかけはなれたぼろぼろの物件だったりという事も少なくないのだ。
また、物件の周辺の情報というのは、やはり現地に行って見ないとわからない部分が多い。
たとえばまわりの雰囲気だとか、買い物の便利さだとか、駅からの実際の徒歩時間だとかといったところである。

物件情報

たとえば、新築マンションが欲しい、となったときに、何をポイントに選んだらいいのだろうか。
もちろん、人それぞれにこだわりは違うと思うのだが、私の場合は最寄の駅と、設備だろう。
そのポイントを軸にして、物件情報を探していくわけであるが、最寄の駅は、やはり好きなところがいい。
多少遠くたっていいから、気に入った土地にあるマンションを選びたいのだ。
それは、一度そこに降り立ってみれば感じられる空気感みたいなものですぐにわかるものだ。
次に、なんといっても設備だろう。
物件情報には、あまり具体的には出ていない部分でもあるので、実地で確認したい。
私の場合は、絶対はずしたくないのが床暖房。

電熱線で暖める電気式は、温度コントロールが難しいらしい。
その点、ガスの温水式は絶対にそんなことがないからいい。
これだけははずせない設備だ。

そして、IHは流行りモノのようになっているが、電気代は高いし、電磁波は心配だし。
絶対にガスコンロしかない。
ガスのコンロは料理好きには絶対の条件だ。
そんな物件選びのポイントを、私は持っている。
長い間つきあう不動産だからこそ、自分なりの選び方を持っていたいと思う。

物件情報

不動産というのは、欲しくなるとたまらなく欲しくなってしまうから不思議なものである。
人生もある時期に来ると、自分のマイホームが欲しくなったりするものであるが、そうしたときにはまず物件情報を探すというところが、何よりのスタートとなるのである。
そして、そこでいかに効率的に、またたくさんの良質な情報を集めるkとができるか、ということが、不動産を買う上での大きな勝負の分かれ目になってしまうのである。
私の場合には、まず最初にインターネットの不動産検索サイトを活用して、とにかく自分の考えられるだけの条件を入れ込んで検索をするのだ。
そして、それにマッチした情報について、まずはサイト場で詳細に検討を重ね、それでいいと思ったら、はじめて不動産業者に連絡をして図面を取り寄せて見るわけである。
もちろん、あまり条件を厳しくすると検索結果が少なくなってしまいがちであるため、少し余裕を持った検索をかけていくという事も、多くの情報を得る上では大切になって来る。

バルコニータイル

私も家具は好きなほうだが、家具にこだわりをお持ちの方も多いと思う。

たとえば、マンションに住んでいる方だと、バルコニータイルを検討される方も多いと思うのだが、空間的にも設備的にも何かと制約が多くなってきてしまう。

そんなマンションのバルコニータイルでお悩みの方には、今回ご紹介する
「マンションオプション.com」さんをオススメしたい。

「マンションオプション.com」さんでは、
単に安価の商品を提供してくれるのではなく、
プロの視点から、部屋コンセプトを把握し、
適正価格でバルコニータイルのプランニングをしてくれるからお勧めである。

セキスイのバルコニータイル
INAXのバルコニータイル

家賃保証

サラリーマンの人で、アパートやマンションの経営に挑戦してみたいとお考えになっている方もいると思う。

なんといってもアパート経営やマンション経営は、長期的に安定した収入を得ることができる堅実さが魅力ですよね。

しかし、多くのメリットがある一方で、デメリットがあることも事実。

そこで役に立つのが『家賃保証』というシステムである。

『家賃保証』というのは、アパートやマンションの管理会社などが、不動産の所有者(オーナー)と契約を結ぶ際に、管理業務に加えて賃料を保証するシステムを指している。

『サブリース』などの一括借り上げのシステムの活用もメリットが高く、アパートやマンションの所有者にとって、家賃保証会社さんの活用は安定した経営を実現する近道になるのである。

[参考サイト]一括借上家賃保証

不動産投資 レジャーホテル

今の世の中、年金の不安や、長引く不況の影響からか、今あるお金を最大限に生かしていこうというような投資の話というものは山ほどある。
たとえば、株式投資だったり、不動産投資だったり、外国為替を使ったFXだったり、いろいろとあるものだ。
しかし、「おとなの投資」といえば、やはりレジャーホテルファンドというものではないだろうか。
人とは違ったところに目をつけるのが、投資のコツといわれている。
あまり知られていないことだが、パソコン業界が1.1兆円、化粧品業界が1.3兆円に対して、レジャーホテル業界は4.7兆円もの資産が動くのだ。
なんといっても、回転率で勝負するのがレジャーホテル。
それだけに、しっかりとした案件ならば、思いもかけない結果がまっていたりするのだ。
私も初めて知ったときには目からうろこが落ちたように感じてしまったものだ。
世の中には知らないことがまだまだあるものだなあ、そして、それを知っている人だけが得をするのかもしれないと思った。

マイホームと貯蓄

男なら、いつかは自分の家、つまりマイホームを建ててみたいというのは誰もが持っている滮目ではないだろうか。
しかし、いざマイホームを建てようとすると、そのためにかかってくる資金というのは、普通では触ったことのないくらいの金額になってしまうのである。
ましてや、家族がいて、子供がいて、家を持って、となると、どうしても先立つものが必要であり、なかなか貯蓄を勧めていく事は難しいかもしれないという状況があるのだ。
しかし、お金というのはほおって置くといつの間にかどこかにいってしまうから困るのだ。
だから、私たちは意識的に貯蓄をしていくのである。
ちなみに私は今、家を建てるための貯蓄に一生懸命だ。
そのためには、なんといっても財形貯蓄を活用するに限る。
住宅資金を融資してくれる制度もあるし、いろいろな面で力になってくれるからだ。
マイホーム建設やりフォームを考えているなら、まずは財形持家転貸融資のマイホームローンを考えてみたいと思っている。

マイホーム

誰でも持っている夢、それは、いつかは自分の家族たちだけのための家、マイホームを持ちたいということではないだろうか。
もちろん、賃貸マンションや、賃貸アパートでずっと暮らし続ける地宇野も人生の中の選択肢の一つではあると思うのだが、私の場合にはそうではなくて、自分の家を持ってみたいという願望が強かったのだと思う。
そして、どうせ建てるのであれば、とにかくこだわるところはこだわりぬいて、素敵な家を作り上げてみたいという想いがあったのだ。
そんなときには、たとえば自然素材を生かしたマイホームなどがとても気になった。
とにかく、マイホームは大きい買い物なのだから、土台や構造といった作りの部分や、内装については素材のところまで、とことんこだわってみても良いと思うのである。
たとえば、そうしたところにこだわりを持っている工務店さんを探すのもいいだろう。
そういうとことでは、施工から素材などにこだわりを持っているので
これからマイホームをお考えの方におすすめしたい。

普通免許

最近の若い人たちは、むかしの人ほど自動車に興味がなくなっていているというニュースをみた事があるのだが、たしかに少子化ともあいまって、自動車教習所はお客さんを集めるのに必死になっているほど大変な状況ではあるらしい。
しかし、自動車の普通免許というのは、好きだろうか嫌いだろうが、将来のために持っていた法がいいに決まっているもののひとつなのである。
たとえば、将来、運送関係の仕事をすることになったときには、必ず免許は必要になってくるし、自分に投資するということは、将来にわたってメリットが出てくるから、やるならば若いうちといわれているのもうなずける。
そのためにも、しっかりとした自動車教習所に通い、しっかりとした知識やノウハウを身につけておくべきである。
これが自分にとってのかけがえのない財産になるのである。
もちろん、免許証というモノが写真つきということから、身分証明書として一級の価値があるという事も忘れてはならないと思う。

サブリースとアパート

サブリースという言葉を聞いた事があるだろうか。
最近、アパート経営やマンション経営といった不動産への投資と経営は、サラリーマンの間で大人気である。
これはアパートやマンションに入居者を募り、部屋を賃貸することで
収益を得るものだが、そうそうおいしい話だけでは終わらないのが世の中の常であろう。
不動産のオーナーにとって『経営』とは、なかなか難しいものなのだ。
特に、一番リスクとして考えられるのは、借り手がいないという状態、つまりは入居者が少なくて、思った通りの家賃収入が得ることができないといった状態であろう。
そんな時に活躍するのが『サブリース』という仕組みである。
『サブリース』というのは、賃貸管理業者が、不動産のオーナーより賃貸物件の部屋を一括で借り上げ、賃貸料金を支払い、一方でそこから転貸することを意味している。
自ら不動産を管理する煩わしさが無くなり、入居者の有無に左右されず、一定の家賃を受け取れるメリットがあるのでおすすめだ。

家賃保証とアパート

年金に不安があるこれからの時代、アパートやマンションの経営に挑戦してみたいとお考えになっている方もいると思う。

アパート経営やマンション経営は、長期的に安定した収入を得ることができる堅実さが魅力である。

しかし、多くのメリットがある一方で、デメリットがあることも事実。

そこで役に立つのが『家賃保証』やサブリースというシステムである。
[参考サイト]http://www.jpmc.jp/partner/frp/furusapo/

『家賃保証』というのは、アパートやマンションの管理会社などが、不動産の所有者(オーナー)と契約を結ぶ際に、管理業務に加えて賃料を保証するシステムを指すものだ。

これはひとつの安心である。

アパート家賃保証

最近のトレンドとして、年金への不安や、経済状況の悪化という経済環境を背景として、アパート経営に乗り出すサラリーマン大家さんが多くなってきているというが、そんな人たちの大きな力になるのが、家賃保証システムというモノである。
なんといっても、不動産経営において一番のリスクとなるのは、お客さんが付かないこと、つまりは空室リスクというモノなのである。
当然、空室の期間には賃貸収入を得ることはできないわけで、その分、税金やら共益費といったモノが大家さんの持ち出しになってしまうというわけなのだ。
『家賃保証』というのは、アパートやマンションの管理会社などが、不動産の所有者(オーナー)と契約を結ぶ際に、管理業務に加えて賃料を保証するシステムである。
また、『サブリース』などの一括借り上げのシステムの活用もメリットが高く、アパートやマンションの所有者にとって、家賃保証会社さんの活用は安定した経営を実現する近道になるのではないだろうか。

アパート物件

インカムゲインを狙った、サラリーマン大家さんになるべくいろいろと勉強している私は、最近いろいろなアパート物件を見てまわっているうちに、すこしずつその物件を見る目が養われてきたような気がしている。
まずみるところは、立地である。
どの沿線の、どの駅に一番近くて、その駅からはどのくらいかかるのか、ということが第一に気になる。
これは、物件の貸しやすさということ、つまり客付けのしやすさということにもつながるわけであるが、もうひとつ、銀行のローンがつきやすくなる条件のひとつでもあるからである。
たとえば、ある地方銀行の例で言うならば、駅から徒歩で15分というのがひとつの目安というか、壁になる。
それよりも遠い物件については、よほどの好条件が揃っていないかぎりは融資が難しくなってしまうというわけなのだ。
それだけに、客つけと融資のつきやすさという二つの要素から、物件の立地条件というのは非常に大切になってくるというわけなのである。

アパート賃貸

サラリーマン大家さんを目指して、アパートを一棟丸ごと買ってそれを賃貸に出し、その収入で銀行のローンを支払うというスキームが今はやっているという。
これは、いわゆる不労所得とか言われるものであり、物件を買ってそれを運用していきながら収入を得るという意味では、インカムゲインを狙うということになるわけである。
私が最近狙っているのは、中古のアパート物件で、できれば軽量鉄骨で築15年くらいまでのもの。
そして、年間の賃料収入を、物件の取得金額で割った利回りが、15%以上のものをさがしているのである。
これだけの利回りがあれば、たとえば銀行から借りるローンの金利が4.5%だったとしても、その差分である10.5%の利回りが得られるという計算になるわけである。
借金をしてまでそんな物件を手に入れる必要があるのか、と思う人も多いかもしれないが、そういう人はやめておいたほうがいいのだと思っている。
この仕組みを理解して、使いこなせる人だけが利益を得るのだ。

アパート

最近、本屋さんなどでは「サラリーマン大家さん」とか、「金持ち父さん 貧乏父さん」とかいうホンがとてもはやっているという。
私も興味を引かれて読んで見たのだが、これが結構面白いというか、ためになるというか、もっというと人生観が変わってしまうといってもいいほどの衝撃を受けたのだった。
自分の家を買うのではなく、賃貸用にアパートを一棟丸ごと買ってしまうというお話なのだ。
それまでは、アパート経営などというモノは、大地主さんのように土地が有り余っている人がやる資産運用の方法か、もしくは資産があまっている人がそれを運用するために建てて賃貸するものくらいのイメージしかなかったのだが、実はそんなことはないということがわかってしまったのであった。
銀行でローンを組んでお金を借り、その資金で賃貸物件を手に入れる。
そして、そこからの賃貸収入を使って銀行にローンの支払いを行っていくというわけだ。
もちろん、収入よりもローンが少なくなるようにすれば、それは丸まるキャッシュフローになるのだ。

ジーンズ

昔から、私はジーンズというモノが大好きで、はいていける環境のあるときには必ずはいている。

とにかく、使い勝手が良く、様々なテイストのファッションに
対応できるジーンズは、ファンの方も多いのではないだろうか。
これからの季節は、特に重宝するあいてむである。

今回ご紹介する「ビックジョン」は、だれもがご存じの通り、
言わずと知れた老舗ジーンズブランドである。

特にジーンズのお好きな方は、
是非サイトをチェックしてみてほしい。

プリント 生地

洋服を自分で作ってしまうという人は、ちょっとあこがれてしまったりもするのだが、そういう人は少なくない。

特に女性の方では、ちょっとした小物や服などを
自分で作ってしまう方も多いと思いようだ。

そんなとき、最も重要になってくるのが、
使用する「生地」選びではないだろうか。

今回ご紹介する「コッカネット」では、
様々な種類のプリント 生地を購入することができたりする。

また、パソコンから簡単に在庫を検索や、
発送などの手続きなどの指定もできるのでおすすめだ。

レンタルオフィス 大阪

レンタルオフィスというのを利用したことがある人もいると思うのだが、これがけっこう便利なものなのだ。
そんなレンタルオフィスは、個人事業主の方や、起業された方にお勧め。

オフィスとしての活用だけではなく、受付代行や電話応対など、ほかにも様々な面で業務をサポートしてくれるのである。

また、レンタルオフィスは
会議室や打ち合わせ室等、他社と共有スペースとして
活用することができたりもする。

レンタルオフィスを検討されている方は、
是非、「オフィスアテンド」さんのサイトを参考にしてもてもいい。

レンタルオフィス 大阪